PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

FUNKADELICVOXブログ

マドカと紘子によるユニット「FUNKADELICVOX」音楽ブログ。
マドカはベース。紘子は唄。
日々いろんなことをして、いろんなことに感じている徒然日記です。

現在紘子は東京。マドカは札幌にいます。
<< いやいやプリンス最高! | main | 名曲 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
マドカのGEAR〜フルート編
そういえば、このブログでは自分の機材についてほとんど触れてないんですよね。
ということで、【MY GEAR】シリーズとして少しずつ私の可愛い楽器ちゃん達をエピソードを交えてご紹介させていただこうと思います。

フルートちゃんです。kojingのrecの時。
記念すべき第1回めは、あえてメインのbassを外して
flute!!!!!!!!!!
をピックアップしまーす。

私が現在使用しているのは、日本が世界に誇る(!)ムラマツフルート製作所のものです。
購入したのは小学6年のときなので詳しいことは覚えていませんが、金額的な面からみると、銀製(メカニズムは洋銀製)だと思います。
初めてフルートを手にしたのは8歳の時。
1年生の担任の先生がブラスバンドの先生で、誘われるがまま音楽会に行き、幼いながら衝撃を受けたんです。私は絶対この中に入るんだ!と。
で、先生に何故か「長野さんはきっと木管向きだよ」と言われたんです。
訳もわからずに家に帰って、もっかんがっき、なんかない〜?と言ってみたところ、納戸の奥から何故か出てきたのがYAMAHAの一番安いモデルのフルートだったのですよ。
元々トロンボーンを吹いていた父親が、手身近な管楽器をひとつ買っておこうということで、新婚当初に買っていたらしいんですが。
そんな感じで運命的にフルートと出会ったのですが、ブラスバンドに入ることができるのは小学校3年生の冬というきまりだったので、それまでは全くの独学でした。フルートの持ち主であるうちの親も吹けませんでしたから(笑)
メトロノームと教則本だけが頼りでした。

ブラバンに入ってからはそりゃもう、鬼のように練習しました。生涯で一番頑張っていた数年間だったなぁと。
今考えてみるとかなりの近所迷惑だったと思います。
「あそこの坂を通るとマドカちゃんのフルートが毎日聴こえる」って言われてましたしね(笑)
効果があるのかないのか、毎日腹筋100回はかかさずやってましたし。変な小学生ですよ。
小学校の卒業アルバムを見ると、将来の夢は「フルートの講師」になってます。
尊敬する人の欄は札響の首席奏者の森圭吾さん(ランパルとか言ってないところがまたいい)。

そうして本気になってくると、どうしてもワンランク上の楽器が欲しくなってしまう訳です。
一大決心をした私は、それまでの貯金と親や祖父母からのカンパを合わせて今の楽器を買ったんです。
その時の感動は昨日のことのように思い出しますよ。父親の単身赴任先が丁度東京だったので、母が昔勤めていた山野楽器本店に行って。当時はフルートのショーケースがとっても大きくて、やっぱり札幌は田舎だったんだぁ〜とひたすら興奮していました。それはそれはいっぱい試奏しましたね。
楽器ってかわいいなぁ〜と生まれて初めて思った、記念すべき日でした。

こうして私のフルートに対する愛は加速していき、中学校でももちろん吹奏楽部に入ったのですが、2年目のある時期からぱったりやめてしまうことになるのです。
様々な理由が複雑に絡み合ってしまったんです。
部活内での問題。
クラシックを本気でやるには莫大なお金がかかること。
顧問の先生から「テンポに忠実にやろうとして、カチカチのソロで面白くない」と指摘され、いろいろ模索していたこと(今じゃリズムで悩んでる位なのに。でも実際メロディ楽器には向いてないのかもしれないですね)。
急激にエレクトリックギターに興味を持ち始めたこと。
やんちゃなグループに所属していたこと(笑)。


そうして、今手にしている楽器に話が進んでいくんですが。
その後、フルートは大学2年の時までほぼ封印していました。
フュージョンのバンドで少し吹くようになってからは、ちょくちょく登場させてあげています。やっぱり楽しいし。

ブランクが大きいので全く当時のレベルに戻りませんが、大好きな楽器であることは変わりないので、これからも吹いていきます。
65th Birthday Celebration: Live at the Blue Note in New York City
65th Birthday Celebration: Live at the Blue Note in New York City
Herbie Mann & Various Jazz Artists
ハービー・マンの作品はめちゃくちゃありすぎて何から聴いたらいいのかわからない…。
このアルバムは65歳の誕生日記念ライブなのに若々しく吹きまくってます。
かっこよいですわ〜★試聴できるんで是非。
彼のアルバム、集めたいなぁと思う今日このごろ。
| MY GEAR★ | 05:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:59 | - | - |
good mornin'!

ムラマツ良いですね!僕も欲しい!
今度は是非Duoりましょうね!

あと、例の件メニューのリクエストあったらよろしく。
| kazoosax | 2005/04/04 8:51 AM |

>kazoosaxさん

うわぁぁDuoですか!!
楽しそうですねぇ〜。
下手くそですけどいいですか(汗)???
是非是非、お願いします!!
簡単な曲で…(笑)

そうですね、例の件。
やっぱりラーメンサラダかな。
激辛系も…。
どうしても酒の肴っぽいやつしか思い浮かばない!!
| マドカ | 2005/04/05 1:54 PM |










http://funkadelicvox.jugem.cc/trackback/280
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
OTHERS